放送番組基準


▼ 放送番組基準

豊島ケーブルネットワーク株式会社 放送番組基準


平成27年6月1日

  • 豊島ケーブルネットワーク株式会社は、生活圏域放送として地域文化の向上、公共の福祉、地域の産業と経済の繁栄に役立ち、平和で豊かな地域社会の実現に寄与するため、民主主義の精神に従い、基本的人権と世論を尊び、言論及び表現の自由を守り、法と秩序を尊重して、地域社会の信頼に応える放送を行う。

  • 放送にあたっては、社団法人日本ケーブルテレビ連盟の定める番組基準に準拠する。 また、以下の点を重視し、番組相互の調和と放送時間に留意するとともに、即時性、普遍性、多様性など、有線テレビジョン放送の持つ特性を発揮し、内容の充実に努める。

    (1) 的確な地域情報の提供
    (2) 正確で迅速な報道
    (3) 健全な娯楽
    (4) 教育、教養の進展
    (5) 児童及び青少年に与える影響
    (6) 節度を守り、真実を伝える広告

  • 各放送の番組基準を以下の通り定め、豊島ケーブルネットワーク株式会社はこれを遵守するものとする。

  • (1) 人権を守り、人格を尊重し、個人及び団体の名誉を傷つけるような取り扱いはしない。
    (2) 国際関係及び人種・民族に関する問題の取り扱いには充分注意する。
    (3) 政治的問題については、公平な立場を守る。
    (4) 宗教は信仰の自由を尊重し、公正に取り扱う。
    (5) 社会秩序、良俗、公安、公益を乱すような問題は、否定的に取り扱う。
    (6) 表現は分かりやすく適切な言語を用い、差別用語や卑猥な表現は避ける。
    (7) 身体の健康を害する恐れのある音声や映像の表現は避ける。
    (8) 視聴者の参加については、広く一般に公平な機会を与えるよう努める。
    (9) 放送の中で、間違いや事実と相違することが明らかになったときは、速やかに取り消し、又は、訂正を行う。

  • 以上の基準にかかわらず、同時再放送、有料チャンネルの放送内容については、それぞれの番組を提供する会社の番組基準によるものとする。

以上